30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

30代の転職成功者に学べ!

1.30代の転職成功者の共通項とは

 30代で満足のいく転職を果たしている人に共通しているのは、自分の市場価値を理解し、企業の応募要件にマッチするアピールがきちんとできていることです。つまり、転職するために主体的に活動しながらも、企業の立場にたって、自分が必要とされるかどうかを見極める目があるということです。では、企業が30代に求めるものとは、どんな能力なのでしょうか。

2.企業が譲れない、30代の中途採用者の条件

 30代の中途採用者を募集する際に、企業は採用後の利益をきちんと計算しています。それに見合う人材かどうかをチェックする、ポイントがいくつかあるのです。

★ここがポイント!
・即戦力として成果が出せるスキルがある
・これまで業界や職種で残してきた実績が高い
・新しい職場でも協調性を持って働ける
・将来の管理職候補と考えられる人間性を持っている

 30代の採用であれば、即戦力として期待する部分と、いつか組織運営を担う管理職としての資質の両方を見られると心得ておきましょう。

3.即戦力としてのアピールポイント

 同じ業界や職種への転職であれば、採用後に即戦力として、どう実績を出していくかをアピールするのが一番です。モラルとして、前職のクライアントに積極的にアプローチをかけるわけにはいきませんが、これまでの実績や経験に基づき、会社に利益を生むことはできるはずです。採用後すぐに、利益追求のために働けるメリットを、具体的なエピソードをそえて説明するとよいでしょう。

4.将来性のアピールポイント

 30代でも特に前半であれば、マネジメント経験を持っていない人も多いでしょう。ですが、複数の組織が関わる業務に携わっていたり、プロジェクトリーダーとして仕事を進めた経験、後輩の指導に関わった体験など、マネジメントに通じるエピソードがあれば、積極的に伝えておきたいところです。

できること、目指すことをきちんと伝えよう

 協調性を持ちながら、業務改善のためにさまざまな提案ができるという積極性があれば、企業にとって魅力的な人材です。いまできることと共に、採用後にその会社で実現したいことを、熱意を持って語りましょう。それが内定を得る、一番の早道です。

リクナビNEXT
詳細
★★★★★
自分の転職市場価値がわかり転職活動の効率もUP!


公開日:
最終更新日:2015/03/16