30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

円満退職をする方法

   

円満退職に必要な段取り

 転職のために会社を辞めるときには、円満退職できるように、きちんと段取りをして、引き継ぎを終わらせることができるよう、スケジューリングしておく必要があります。

 転職計画をたてる時点で、勤務先の就業規則を確認するとともに、後任人事や引き継ぎ期間の目安を予測して、退職の意思表示をいつすべきかのタイミングをはかってください。

 また、一番最初に退職の意思表示をするのは直属の上司ですが、決算期や繁忙期は避けながら、希望の退職日を考えて、希望を伝えてください。

 直属の上司の了解を得たら、会社と話し合って退職日を設定し、残務整理と引き継ぎに着手しましょう。

退職を伝えるのは上司に依頼する

 会社側との話し合いが済んで退職日が決まっても、社内で正式に伝えるまでは、同僚などに伝えるのはNGです。

 30代の中堅社員の退職は、職場の士気に影響を与える可能性があるので、会社側の意向をくんであげてください。

 また、社内で退職がオープンになったとしても、取引先にそれを伝える時期も、自分で判断してはいけません。

 その後の取り引きに悪影響が出ないよう、後任者を決め、引き継ぎのご挨拶のタイミングまで待ち、その際に伝えて良いかどうかを上司に判断してもらいましょう。

 - 内定後の準備

  関連記事

入社に際してのチェックポイント

雇用契約の締結と入社手続きについて  内定連絡があって、「労働契約内容」を書面で …

退社の手続きは不備なくこなす

会社への返却物を整理しておく  退職にあたっての事務手続きには、「会社に返却すべ …