30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

履歴書で見られるポイント

   

30代の履歴書で見られるポイント

 30歳ともなると、企業の採用の絶対条件は、入社後に即戦力として活躍できる、専門スキルと実績を持っていることです。そのため、過去の職歴については、転職回数はもちろん、在籍期間、所属部署まで、細かく見ています。そのため、単に企業名と所属部署だけを記載するより、企業名の下に簡単な職務内容を記載することをおすすめします。可能であれば、業種と従業員数も書き加えておきましょう。

 過去の勤務先の在籍期間により、自社に定着するかどうかをはかっていることも、忘れないでください。 

書類選考の要となる「志望動機」

 履歴書における「志望動機」は、書類選考を通過させるか否かの判断をする、要となる項目です。

 企業の採用担当者は、自社が採用したい人物像を理解できているか、募集職種で活かせる職歴があるかどうか、自分の強みを理解できているかどうか、自社に入社したい意思が明確か、自分のキャリアビジョンを自社で達成できる根拠はあるかを、チェックしています。

 また、過去の経験に基づいた、具体的な「志望動機」が書かれてない限り、説得力を感じさせることはできません。

 自分が入社した後、応募企業にどんな貢献ができるのかを念頭に起きて、「志望動機」を考えましょう。

 - 応募書類対策

  関連記事

no image
応募書類を送るときにも注意!

封書の書き方のマナーを守る  応募書類の郵送の仕方でも、企業の採用担当者に与える …

no image
職務経歴書で見られるポイント

30代の職務経歴書で見られるポイント  書類選考時、企業の採用担当者は、職務経歴 …