30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

職務経歴書で見られるポイント

   

30代の職務経歴書で見られるポイント

 書類選考時、企業の採用担当者は、職務経歴書の何を見ていると思いますか?

 まず、募集職種に対応する実務能力があるかどうか、仕事に対して意欲的かどうか、仕事に活かせる自分の強みを自覚しているかどうか、そして記載された内容に信ぴょう性を感じられるかどうかです。

 入社後に即戦力として活躍してもらうためには、専門スキルに加えて、自分で考え行動できるメンタリティが必要です。さらに、職務経歴書が読みやすくまとめられているかどうかでプレゼンテーション能力を、前職の退職の理由や転職の目的によって自社への定着率をはかっています。

 そうした見られるポイントを理解したうえで、もれなく記載するようにしてください。

職務経歴書を書くときの注意点

 まず職務経歴書は、面接時に質問してもらうことを意識して、経歴を羅列するだけでなく、具体的なエピソードを盛り込むなどの工夫が必要です。

 また、自分の希望だけでなく、企業が中途採用者に求めるニーズを予測したうえで、自己アピールにつながる内容を選んで記載します。さらに、過去の経歴や持っている専門スキルの中でも、応募企業で活かせるものを意識してチョイスして作成しましょう。

 - 応募書類対策

  関連記事

no image
履歴書で見られるポイント

30代の履歴書で見られるポイント  30歳ともなると、企業の採用の絶対条件は、入 …

no image
応募書類を送るときにも注意!

封書の書き方のマナーを守る  応募書類の郵送の仕方でも、企業の採用担当者に与える …