30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

退社の手続きは不備なくこなす

   

会社への返却物を整理しておく

 退職にあたっての事務手続きには、「会社に返却すべきものを返す」「会社から必要な書類を受け取る」の二つしかありません。

 ですが、会社に返却するものが、予想以上に多いはずなので、退職日が決まった時点から、準備を始めることをおすすめします。

 退職に際して、会社に返却しなければならないものには、「身分証明書」「社章」「自分の名刺および取引先の名刺」「健康保険証」「通勤定期券」「貸与された文具、備品、書籍、パソコン」「業務で使用した書類、制作物」「制服」があげられます。

 業務で私物のパソコンを使っていたときには、仕事に関連するデータを返却した後で、すべて消去しなければなりません。

 しっかり準備しておきましょう。

お金の問題もクリアにしておく

 社内融資を受けている場合、退職日に一括返済するのがルールです。

 退職金で相殺できない場合は、ほかの金融機関から借り入れる必要があるので、経理にきちんと確認しておきましょう。

 また、財形住宅貯蓄をしていた場合、転職先で継続できなければ、退職前に解約手続きが必要です。

 その場合、用途と違う解約になるので、遡って課税されることがありますので、支払額や時期も調べて、準備しておきましょう。

 - 内定後の準備

  関連記事

入社に際してのチェックポイント

雇用契約の締結と入社手続きについて  内定連絡があって、「労働契約内容」を書面で …

円満退職をする方法

円満退職に必要な段取り  転職のために会社を辞めるときには、円満退職できるように …