30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

逆質問にどう対処するか

   

逆質問で入社の本気度をチェックされている

 面接では必ず、「何か質問はありますか?」と質問されます。

 「逆質問」と呼ばれるこの質問に対し、どんな回答をするかで、企業の採用担当者は、応募者がどれだけ事前準備をしてきたか、自社へ入社したいと思う気持ちがどの程度かを、はかっています。

 自己PRにつながる「逆質問」をして、内定に一歩近づきましょう。

 一例をここに、紹介しておきます。

 「これまでの●●という経験は、担当する業務にすぐに活かせると考えているのですが、事業拡大のために仕事をよりレベルアップするためには、ほかにどんなスキルやノウハウが必要だと考えていますか?」など、いまできることと、将来に備えて準備する姿勢があることを、同時に伝えるような内容もおすすめです。

「逆質問」で聞いてはいけないこと

「逆質問」で絶対に聞いてはいけないのが、企業のホームページに書いてあることです。

 企業理念や事業内容など、会社研究をすればすぐにわかることを聞く時点で、事前準備が足りないことを看破されます。

 また、業務内容の不明点を質問するのはよいですが、具体的な給与額や残業・休日出勤の有無、福利厚生などの質問をすると、条件面しか見ていない印象を与えるので、避けましょう。

 - 面接対策

  関連記事

30代の転職面接とお礼状

お礼状が採否を分けることもある!  30代で面接を受けたとき、どんなにあなたの感 …

no image
30代の志望動機

志望動機で伝えるべきこと  採用担当者が応募者に対し「志望動機」を質問するのは、 …

面接時のネガティブな退職理由はNG

退職の理由を説明できるようにしておく  30代の応募者の場合、企業は自社に定着し …