30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

面接時のネガティブな退職理由はNG

   

退職の理由を説明できるようにしておく

 30代の応募者の場合、企業は自社に定着してくれる人材かどうかを判断するために、質問することが多いです。

 「退職の理由」や「転職の目的」についての質問が、それにあたります。

 この質問に対し、ネガティブな印象を与えない回答を用意しておくことをおすすめします。

 中でも「退職の理由」の回答によって、キャリアビジョンが明確でそれに適した企業を選んでいやのかどうか、組織への適応力、ストレス耐性など、多角的な視野で応募者をチェックしています。

 「職場の雰囲気が悪い」「職場の人間関係に疲れて」など、前職への不満が根底にあると感じさせる回答をすると、自社でも同じことをくり返す可能性があると、警戒されます。

 自分の将来を考えたうえで、前向きな決断であることを印象づけられるよう、しっかり回答を考えましょう。

入社に値する会社かどうかをリサーチする

 面接は企業が選考するために行われるものですが、同時に、自分が入社後にキャリアを積んでいける環境があるかどうかを、見極める場でもあります。

 内定後に迷わないためにも、自分が譲れない条件については、きちんと質問を用意しておくことをおすすめします。

 例えば、職種名だけで実際の業務内容がわからなかったり、担当する仕事の範囲が不明確なときは、きちんと確認しておく必要があります。

 また、社員がコミュニケーションをはかる機会があるかどうか同年代の社員がどんな活躍をしているかなどを聞いておくと、実際の職場の雰囲気をつかむ一助になるはずです。

 面接官が日々の仕事の中で大事にしている価値観を聞くと、働き心地が予測できるかもしれません。

 そうした多角的な面接対策を、しっかり行っておきましょう。

 - 面接対策

  関連記事

30代の転職面接とお礼状

お礼状が採否を分けることもある!  30代で面接を受けたとき、どんなにあなたの感 …

逆質問にどう対処するか

逆質問で入社の本気度をチェックされている  面接では必ず、「何か質問はありますか …

no image
30代の志望動機

志望動機で伝えるべきこと  採用担当者が応募者に対し「志望動機」を質問するのは、 …