30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

30代の志望動機

   

志望動機で伝えるべきこと

 採用担当者が応募者に対し「志望動機」を質問するのは、これまでの自分のキャリアと強みを理解したうえで、自社に対してどのような貢献ができるのか、どうして自社に入社したいのかが、明確になっているかどうかを知るためです。

 履歴書にも志望動機欄はありますが、そこで書けなかった具体的な要素を加えて、入社したいという意欲の強さをアピールすることが大切です。

 また、「志望動機」を話すときには、「これまでの職歴で培った●●というスキルと経験を活かして、御社で▲▲として後継で着ればと考え、志望しました」など、過去から未来までをつないだ内容になるように、構成してください。

NGな「志望動機」とは

 面接官は、これまで多数の応募者を見てきた、百戦錬磨のつわものです。

 ですから、多数の企業に応募するために企業ニーズを把握しきれず、「御社の企業理念に共鳴しました」「御社で社会貢献につながる仕事がしたい」などと、どこでも通用しそうな、漠然とした内容では、採用したいと思えません。

 「志望動機」の中に、企業研究した跡や、入社後のイメージをどう持っているかを盛り込めない時点で、人件費の高い30代を採用する意志をなくすはずです。

 - 面接対策

  関連記事

30代の転職面接とお礼状

お礼状が採否を分けることもある!  30代で面接を受けたとき、どんなにあなたの感 …

逆質問にどう対処するか

逆質問で入社の本気度をチェックされている  面接では必ず、「何か質問はありますか …

面接時のネガティブな退職理由はNG

退職の理由を説明できるようにしておく  30代の応募者の場合、企業は自社に定着し …