30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

30代の転職面接とお礼状

   

お礼状が採否を分けることもある!

 30代で面接を受けたとき、どんなにあなたの感触が良かったとしても、それが内定につながるとは限りません。将来の管理職候補として、30歳を採用しようと考える企業の立場になれば、追随を許さないほど魅力的な応募者など、そういるものではありません。

 そんなどんぐりの背比べの状況のとき、功を奏するテクニックの一つに、お礼状を送ったかどうかがあります。つまり、キャリアやスキル、ノウハウで差がつかなくても、礼儀正しいひとという印象を残すことで、内定に一歩近づける可能性があるということです。

 自分に保険をかける意味でも、転職面接当日に、お礼状を書いて出すことを習慣にしてみましょう。応募職種がITやSE系の場合は、お礼メールでよいこともあるので、自分で判断してください。

お礼状で功を奏するポイント

 お礼状に、面接での質疑応答の中で、面接官が言った発言を聞き、より入社の意欲が高まった、具体的にどんな仕事をして企業兼貢献したいかがイメージできたなど、入社の意欲が伝わる内容を記載しておくと、採用担当者の印象に残りやすくなります。

 また、わざわざお礼状を文書にして、投函するというプロセス自体が、あなたの礼儀正しいという人間性を伝えています。自分の面接に時間を割いてくれたこと、そこでさまざまな気づきを与えてくれたことに対する感謝の気持ちを、素直に綴るのがポイントです。

 ただし、こうした内容を素直に受け取ってもらうためには、ビジネス文書の定型にそい、マナーを守って書くことが大前提です。面接官の年齢が高いときには、パソコン作成ではなく、丁寧に手書きしたものの方が効果的な場合もあるので、試してみてください。

 - 面接対策

  関連記事

面接時のネガティブな退職理由はNG

退職の理由を説明できるようにしておく  30代の応募者の場合、企業は自社に定着し …

逆質問にどう対処するか

逆質問で入社の本気度をチェックされている  面接では必ず、「何か質問はありますか …

no image
30代の志望動機

志望動機で伝えるべきこと  採用担当者が応募者に対し「志望動機」を質問するのは、 …