30代転職|成功を掴むビジネスパーソンの鉄則

*

30代の転職の5つの流れ

 転職市場で最もニーズがあると言われているのが30代です。しかし、だからと言って油断してはいけません。30代の転職希望者はその数そのものがとても多いので、企業も選別には気合いを入れます。そうした企業の厳しい目に留まるような活動を行う必要があるでしょう。

転職準備について

 企業の目に留まるような人材となるには、自己分析と企業研究が欠かせません。どちらも転職「準備」とも言えますが、準備だけには留まらない大きな意味を持っています。また、これらができない人は企業には振り向いてもらえないことも念頭に準備をしておかなければなりません。

【関連記事はこちら】
30代の転職計画
企業研究が応募の要
転職のタイミングをはかる
30代は体調管理法を見直す絶好のチャンス!
休職中ですが他の会社に転職できますか?
30代が転職活動にかける期間はどのくらいが適切なのか?

求人情報について

 自己分析と企業研究がしっかりとできたら、次は自分を必要としてくれるであろう企業の求人を見つけなければなりません。たくさんの求人情報の中からそれを見つけられるかどうか、これが転職成功の最重要ポイント。自分と企業の双方に目を向けて情報を集めてみましょう。

【関連記事はこちら】
求人情報媒体について理解する
転職エージェントをフル活用する
転職サイトのスカウト機能もフル活用

履歴書や職務経歴書について

 履歴書と職務経歴書も、企業の目に留まるためにはとても重要な要素となります。やはり自己分析と企業研究が生きてくるでしょう。分析した結果確認できた自分を余すことなく書類によって主張し、同時に、研究によって知り得た情報を元に企業のニーズに合う自分を演出していきます。

【関連記事はこちら】
応募書類を送るときにも注意!
職務経歴書で見られるポイント
履歴書で見られるポイント

面接について

 応募書類と同じように、面接でも自らをアピールし、企業のニーズと合致するところを見せつけなければなりません。履歴書などと異なるのは、それを自分の言葉や表情などで伝えられる点。また、会話によってそれをひとつの形にしていくことです。そこを意識した対策を行っておきましょう。

【関連記事はこちら】
面接時のネガティブな退職理由はNG
逆質問にどう対処するか
30代の志望動機
30代の転職面接とお礼状

退職・入社準備について

 転職成功は円満退職があってこそです。時にはトラブルになることもあるかもしれません。しかし、それを乗り越えるからこそ良い転職となります。コツは、多くの人と関わること。相談や挨拶などもそうですし、手続きや引き継ぎなども、人と深く関わりながら行うことで信頼を傷つけずに退職できるはずです。

【関連記事はこちら】
入社に際してのチェックポイント
退社の手続きは不備なくこなす
円満退職をする方法

公開日:
最終更新日:2015/12/02